HOME >製品紹介 >手動・電動シャッター >OS電動シャッター35A型
製品紹介
OS電動シャッター35A型
手動・電動シャッター
OS電動シャッター35A型は、緊急車両、特装車両用として専用設計。
OSシャッターの基本性能はもちろん、万一の電気トラブル時の応急対応や保守作業性など、万全の機能と性能を備えています。
電動/手動の切り替え操作
モーターケースのハンドルカバーを開け、専用ハンドルを差し込んで90度回すだけで、電動/手動の切り替えができます。手動に切り替えると、万一の電気トラブルで電動シャッターが作動できない場合でも、通常の手動シャッターと同様に開閉することができます。(専用ハンドルは標準付属)
専用ハンドル
積載物の盗難防止
手動操作への切り替えは専用ハンドルを使用するため、盗難防止に有効です。
全開・全閉位置で自動停止
モーターケース内に全開・全閉位置の自動停止用リミットスイッチを内蔵。実装後、外から停止位置の調整ができ、電磁ブレーキにより正確に停止します。自動停止位置は、手動切り替え操作を行っても停止位置がずれることはありません。
電動シャッター専用モーター
専用設計の巻き取りドラム同軸モーターを採用。駆動のためのチェーンなどを必要とせず、シンプルでコンパクトな架装を実現しました。
OS電動シャッター35A型
保守作業性の向上
万一のモータートラブルの場合でも、モーター本体は車両外側から抜き取ることができ、保守作業性が向上しました。また、実装するスペースに合わせ、モーターケースの取付方向は上下逆にすることも可能です。
モーターケース取付方向
モーター・スプリング内蔵巻取ドラム
巻き取りドラムの中にモーターと巻取スプリングを内蔵。チェーン駆動等の必要が無いため、コンパクトに架装できます。また、手動操作時には内蔵のスプリングにより巻取開閉できます。
障害物感知スイッチ(オプション)
シャッター本体の下部にコードスイッチを装備。シャッターを閉じる際、障害物に干渉すると信号を送ることができます。(スイッチのみの装備となり、エンドスラットからのリード線出しとなります。)
ガイドローラー
広い間口に対応してシャフトタイプのガイドローラーを採用。シャッター本体のたわみを防止し、スムーズな開閉動作を可能にします。
シャッター本体
シャッター本体はOS手動シャッターと同様の中空アルミ製スラットで1本ごとにシーリング材を装備。スラットの表面は専用硬質アルマイト処理によりキズがつきにくく美しい仕上げです。
リレーボックス
専用のリレーボックスと市販のモメンタリスイッチの組み合わせにより、ワンタッチで全開・全閉の操作が可能です。リレーボックスにはブレーカーを内蔵し、積載物が引っかかるなど軽微なトラブルで過負荷停止した場合でも、ヒューズ交換の手間がかかりません。また、開閉作動中のブザー出力*2や、障害物感知スイッチ(オプション)による自動停止用リレーも内蔵しています。
*2 ブザーは付属していません。
リレーボックス
OS電動シャッター35A型の製作可能サイズは、間口幅(W)は1700㎜~3000㎜、高さ(H)は1000㎜~1500㎜です。この範囲を超える場合は弊社までお問い合わせ下さい。

オプション

操作スイッチ
電動シャッターの開閉を行う操作スイッチです。リレーボックスと接続して使用します。
押しボタン式スイッチ(カラーキャップ付き)×5個、表示プレート「開」×2枚、「停止」×2枚、「閉」×1枚
操作スイッチ
照明用スイッチ
シャッターの開閉に応じて庫内灯や隊員席でのインジケーター点灯が可能です。
▲PAGETOP